読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハマナカという男

2017年のEndless SHOCKを観て早一週間がたちます。



ハマナカについて書きたくて書きたくて仕方なかったけどなかなか書き上がらなかったのでいつもながら自己満足の考察たちをば。





①ヤラのハマナカへの絶大な信頼は何なのか



主にリカへのアプローチの仕方とか、明らかにふざけてんだろってアドバイスしても素直に聞き入れちゃうヤラかわいいかよ。

 


ハマナカのこと信頼しすぎだし割と依存してそう。



言うならば

「小さい頃に二人で遊んでるときに高級な花瓶を割っちゃって、そのときにハマナカが考えた言い訳で乗り切れた」

みたいな成功体験?がずっと頭に残ってて、困ったときはいつもハマナカに頼る癖がついた感じ。



今まで困ったときは必ずハマナカに相談してきたのに、オンでのステージの幕間でコウイチとぶつかったときは頭に血が上っちゃってハマナカに相談することなく行動してしまった故に予備の刀を真剣にすり替えるなんてことをしてしまったのかな、と思ったり。





②ハマナカのヤラに対しての感情は何なのか

 


これは私だけかもしれないんですが、文一さんはミステリアスな人ってイメージがあるせいか、ハマナカもミステリアスな人って印象を受けたんですよ。



だから、ハマナカはヤラにどんな感情を持ってるのかがいまいち掴めなくて。



単純に「仲がいいからよく一緒にいる」とか「なんかほっとけない危なっかしい奴だから俺が見ててやらないと」っていう感じなのかな?

 


もしくはハマナカの感情とか関係なくヤラが頼ってきてるだけか。



まぁリカへのアプローチの仕方のアドバイスとかはいじって面白がってるだけだとは思うけど。



あとは子離れできない親的な要素もあるのかなぁ。

 


割と面倒見てる側はそれが生きがいだったりするじゃないですか。





③ハマナカは予備の刀を本物に替えたのがヤラだと知っていたのか



告白のシーンでハマナカが全く驚いてなくて私知ってたみたいな顔してるって呟いてる方が多くて、自分の目でも確かめたかったけど視力の限界で表情までは見えませんでした。



たしかにハマナカなら気づいてそうだけどいつ気づいたんだろう?

 


実はすり替えた時点で気づいてた?



コウイチが病院に運ばれてからのヤラの様子で気づいた?



それともヤラ本人からカミングアウトされてた?



ヤラは何も言わないけど気づいたパターンが一番しっくりくるかなぁ。



あ、一番しっくり来るのはハマナカタイムリープ説か。笑



ヤラがコウイチを殺さない世界を実現するために何回もタイムリープしてるんだよね。



今回はコウイチが生きて帰ってきたと思ったら実は死んでるんだからたまったもんじゃないよね。

 


コウイチの手を握って冷たかったときのハマナカの「なぁコウイチ」の後に何を言おうとしかのか…気になりすぎる…



あと、オンの楽屋でコウイチに荒れてるヤラをどうにかしてって頼んだのにあしらわれてその後フクダにも言ってるけどフクダもテキトーに流してるじゃないですか。



フクダはフクダでタイムリープしてて色々試してる途中だからそこは変えたくなかったのかな、とかね。

 


妄想捗って仕方ないわごちそうさまです。





④ハマナカはどんな気持ちでHigherを踊っているのか



ハマナカのポジションだったらHigherに加わらないってのもアリなのかなとちょっと思ってたんですよ。



ヤラチームのみんなはヤラのこと好きだけどコウイチが帰ってきたことへの嬉しさが大きすぎてヤラのことなんか考えられなくなってるけどハマナカは違うかな、と思ってたんですよ初日あけるまで。



でもヤラを気にして他のメンバーより遅れて入るとかいうこともなく。



踊り終わった後にヤラにかけ寄るとかいうこともなく。



モンペなわけではないし、ベッタリした友情ではないってことなのかな?



難しい…





⑤殺陣のコウイチ、ヤラ、ハマナカのみにスポットが当たるシーンの意図



これ光一くんは絶対深い意味を持って作ったんだろうなってのはわかったけど、どういう意図かまでは理解できなかったなぁ。



コウイチとヤラ、ハマナカの構図だったもんなぁ。



なんとなくあぁなのかなこうなのかな、とは考えたけどうまく文章化できなくてつらい。



ハマナカはコウイチをどう思ってるのかな〜とかもいまいち理解ができてない。



光一くんそのうち説明してくれるかな〜〜





⑥どうでもいいけど文一さんの走り方可愛くない?



踊ってる中で移動したり、踊り終わって移動するときって、だいたいみんななんとなくダンスの一環っぽい走り方(うまく表現できない)するじゃないですか。



でも文一さんは「はい、移動〜」「はい、退場〜」みたいな声が聞こえてきそうな走り方してて、隙がない文一さんの隙が見えた気がして可愛いなってなりましたマル





今年改めて痛感したけど、ライバルチームって演じるの難しい。



末っ子以外の3人が個性を出すのが難しすぎる。



比較的若くてお芝居の経験が少ないJr.がやってるけど、あんなに台詞が少ない中で個性を出すなんてベテランだとしてもそう簡単にはできないと思う。



登場人物全員が個性的だったらカオスになるし、これくらいでちょうどいいのかな、と思いつつ、スピンオフ大好き芸人としては各キャラのスピンオフ作ってくれ金なら払うという気持ちです。ご静聴ありがとうございました。